レイアウト (鉄道模型)



レイアウト (鉄道模型)



固定式レイアウトの一例
集合式レイアウトの一例
移動式レイアウトの一例鉄道模型におけるレイアウトとは、模型列車を走行させるための情景の模型を指す。



概要
設置場所や鉄道模型のサイズにより形態は様々であるが、情景とプランに基づいて敷設・固定された線路を持つことがレイアウトの条件とされている。屋内に作られるものと屋外に作られるものに大別される。

屋内に作られるレイアウトはその設置形態や収納方法により「固定式」「移動式」「折りたたみ式」「分割式」など様々な種類があり、中には「組み立て式」のように固定された線路配置は持つものの固定された情景(シーナリー)を基本的に作らないものや、「集合式」のように「モジュール」と呼ばれる、連結することを前提に統一された規格で作られた部分レイアウトをつなげて任意の大きさ、配置のレイアウトを構成することができるものなど原則から外れるような形態のものもある。

屋外に作られるレイアウトは庭園鉄道とも呼ばれ、周囲の風景を借景とする場合も多い。

レイアウトと同種の情景模型として「ジオラマ」があるが、鉄道模型においては車両の走行が出来るものをレイアウト、車両も情景の一部として固定もしくは静置されたものをジオラマと呼び区別している。

以前は愛好家が自分で作るものが主流であったが、最近はKATOの「デスクトップレイアウト」やDDFから販売されている物など、完成品の販売も徐々に増えつつある。 舞浜の天賞堂のオメガセントラル鉄道や碓氷峠鉄道文化むらのレイアウトのように専門の業者の手によりオーダーメイドで製作されるものもある。

使用されるレールでもっとも多いのは道床の無いフレキシブルレールである。フレキシブルレールはコルク道床上に敷設する。しかしNゲージの場合、圧倒的なラインナップや入手性の良さもあり、道床付のレールをベースに敷設する事が多い。ただ市販のカーブはかなりきつい物しか発売されておらす「集合式」などではフレキシブルレールを使いカーブを敷設しているのを多数見かける。

日本では住宅事情により、組み立て式のお座敷レイアウトが主流でもっぱらNゲージや16番が主流であったが、近年は徐々にGゲージや5インチゲージの庭園鉄道も増えつつある。

Nゲージにおいてはブラインド式で供給される安価なストラクチャーが販売される等、近年、小規模ではあるが継続したブームになりつつある。



関連項目
マイクロレイアウト
レンタルレイアウト
趣味悠々 (NHK教育) 2007年2月7日から2007年3月28日まで、『ようこそ!鉄道模型の世界へ レイアウト制作入門』が放送されていた。
原田芳雄 (自宅で鉄道模型のレイアウトをするほどの鉄道マニアである)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。