スケールモデル



スケールモデルとは、実在する、または実在した「何か」を、スケール(縮尺)に基づいてつくられた模型のことを指す。

スケール(Scale)とは英語で縮尺、比率を指す用語である。実在するものを忠実に再現する模型をさしてスケールモデルと呼ぶことが多い。研究・展示などの学術的目的で作られた模型にも用いられる。この用語には「実物を忠実に縮小した」という意味が込められているので、より正確な模型という印象を持たせるために用いられることが多い。狭義には実在のものがあるプラモデルの呼称として用いられる(一部例外あり)。





縮尺率について
縮尺率はその目的に応じて決められる。NASAや航空機メーカーでは新型機のモックアップを作り風洞実験を行ない翼断面の性能検査や荷重、応力の検討を行なうがその際には風洞に入る縮尺率で作られる。また、スペースシャトルの開発では降下実験のために1/2スケールの模型(モックアップ)が作られている。性能検査のためには実物大模型が用いられることも多い。また建築模型などは1/100など計算が容易な縮尺で作られることが多い。これは目的がクライアントへの説明となっているためである。



模型や玩具のスケール
プラモデルやミニカーで言うスケールは、ジャンルによってまちまちであるが国際スケールと呼ばれる規格がある。 主なスケールとそのジャンルは概ね以下の通り。 (建築物等に事実上統一スケールが存在しないものに関しては割愛する)

1/6->主にバイク
1/9->バイク、稀にヒストリカルフィギュア(胸像)
1/8->自動車、バイク、フィギュア
1/12->自動車バイク 稀に陸戦兵器(ミリタリーモデル)
1/16->自動車 稀に陸戦兵器、兵士フィギュア
1/18->主に自動車
1/20->自動車 稀に陸戦兵器
1/24->主に自動車 航空機 稀に陸戦兵器
1/25->自動車(米国規格)
1/32->自動車 陸戦兵器 航空機 鉄道模型1番ゲージ
1/35->(国際スケール)陸戦兵器(田宮模型のミリタリーミニチュアシリーズ、通称MM規格) 希に小型艦艇
1/43->鉄道(Oゲージ日本型) ミニカー
1/45->鉄道(Oゲージ欧州型)(OJゲージ日本型)
1/48->(国際スケール)航空機 陸戦兵器(バンダイスケール、田宮模型のMMC(ミリタリーミニチュアコレクション))米国型Oゲージの鉄道模型
1/50->航空機 鉄道のプラモデル 建設機械
1/64->鉄道模型(Sゲージ) 自動車 
1/72->(国際スケール)航空機 陸戦兵器 希に小型艦艇(潜水艦含む)
1/76->鉄道(OOゲージ) 陸戦兵器
1/80->鉄道(日本型 16番)
1/87->鉄道(HOゲージ) ミニカー 稀に陸戦兵器
1/100->航空機
1/120->鉄道(TTゲージ)
1/144->航空機 陸戦兵器 希に艦船・艦艇
1/150->鉄道(Nゲージ日本型)
1/160->鉄道(Nゲージ欧米型)
1/200->艦船・艦艇・旅客機 稀に大型軍用機・宇宙船(スペースシャトル)
1/220->鉄道(Zゲージ欧米型)(ZJゲージ日本型)
1/250->艦船・艦艇
1/350->艦船・艦艇・航空機
1/450->艦船・艦艇・船舶
1/600->艦船・艦艇
1/700->(国際スケール)艦船・艦艇・船舶・航空機(ウォーターラインシリーズ)
1/720->艦船・艦艇
1/800->艦船・艦艇・航空機
1/1000->艦船・艦艇
1/1250->艦船・艦艇


スケールの基準
基準は1フィート(0.3048m)をどれだけの長さにするか、である。プラモデルの国際スケールは1フィートを1/4インチとしている1/48と1ヤード(0.9144 m)を1/2インチとしている1/72を基本としている。その半分や倍のスケールは国際スケール準拠のスケールである。分母はヤード、フィートの進法によって決められている(1ヤード=3フィート=36インチ)。1フィートを7mmと換算する1/43スケールやその半分である1/87スケールは鉄道模型的な基準のスケールと言える(鉄道模型のゲージの項参照)。メートル法の文化圏では1/10、1/50、1/100などいずれも計算が容易なスケールが用いられることもある。



日本で多いスケール
1/35
田宮模型のMMシリーズと呼ばれる独自規格から発展した標準規格。戦車にモーターライズ機能を持たせ縮尺を出したら1/35相当(田宮模型の仕事等の田宮模型関連書籍によると正確には1/32だったという証言もある。)になったと言う。もっとも、開始当初MM規格には上記の理由から1/32相当のモデルも1/35としてラインナップされていた。また,最近バンダイからリリースされた1/35スケールのキャラクター模型は、その造形とともに注目を集めてる。
1/100、1/144
1/100は田宮模型が初期に採用したスケール。1/144と1/100はバンダイがキャラクター模型のスケールとして取り入れた。しかし、キャラクターの大きさがバラバラであるために様々なスケール表記があらわれ、スケール導入の重要性は低かった。
1/150
三共模型のピーナッツシリーズのスケール。いわゆる箱スケールであり、パッケージのサイズに合わせて設定された後付けのスケール。単価が安く作れるサイズなので、オオタキやエルエスなど初期のプラモデルメーカーが数社、航空機模型を中心に採用していた。オイルショック以降、エルエスは1/150を1/144表記に変更した。
1/200、1/350、1/700
主に水上艦(船・艇)、船舶のスケールでその付属として希に陸戦兵器や航空機が存在する。特に1/700はWL(ウォーターラインシリーズ。喫水線下を省略した模型)規格として親しまれ、世界標準となったもの。


プラモデルにおけるスケールモデル
プラモデルにおけるスケールモデルは正確な縮尺、というイメージで捉えられがちだが、実際のものをそのまま小さくしてもそのとおりに見えないことが多い。これは車や列車、航空機など人間よりもはるかに大きいものを視認する際に手前が大きく奥が小さく見える遠近法の原理で歪んで見えているためである。そのため各メーカーは縮小の際にある程度のディフォルメを行なう。商品としては正確に縮小されていても実物と似ていなければ失敗作となってしまうからである。例を挙げるとフジミ模型製の乗用車の車両側面がそれである。縮尺は比較的正しいがが胴長に見える。また、長谷川製作所製の隼にも同じことがいえ、縮小比率的には正しいが、日本模型製のボディーラインの方が実機のイメージを捉えているといわれている。また縮小する過程において小さくなり過ぎて再現が困難な部品や金型の都合で形状の変わる部品などが発生することも珍しくはない。そのためスケールモデルも実在のものを通じて個人の持つイメージを投影させる模型なのではないか、という意見もある。そのため実物の存在していない航空機や戦車などのスケールモデルも存在している。



プラモデルにおけるスケール論
模型にふさわしいスケール、に関しては論議になることが多い。あまりに小さいスケールでは縮尺そのものの意味が失われるのではないかという指摘もある。例えば1/144で言えば1メートルはおよそ7mmとしかならない(製品素材の収縮や劣化により2〜3mm違っただけで30cm以上の差が生じることなる)。が、現在主流のスケールももともと模型の出来映えやコレクション性に基づいて生まれたものではなく、設計の容易さ、設備の性能などから生み出された規格である。また、製作対象によっても左右される。自動車模型ではワイパーやメーターなどの再現のために1/24や1/16などの大きめのスケールが好まれるが、ミリタリーモデルの主流である戦車をそのスケールで作るとなるととんでもない大きさの高額商品となってしまう。また鉄道模型においても走行させて楽しむため、住宅事情等に合わせてさまざまな規格があり、一概に結論は出ない。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。