プラレール



プラレールは1959年(昭和34年)からトミー(現タカラトミー)より販売されている鉄道玩具である。また、姉妹品として、ダイキャスト製の自動車玩具トミカが、1970年より販売されている。






概要
「青いプラスチック製のレールの上を単2乾電池1本で走る3両編成の列車」が製品の基本構成である(一部この原則に当てはまらないもの(1・2・4両)も発売されている他、セット品で6・7両編成も発売されている)。

鉄道の好きな子供を対象として作られているが、子供に買い与える世代となった親が再び収集・改造などを行うような場合も見られ、ネット上には多数のファンサイトが存在する。そのうえに少子高齢化の流れの中、タカラトミーにしても販路を拡大するため、名鉄モ510形電車のような「大人向け」車両を出すようになったといわれている。

国鉄時代に比べJR各社が様々な車両を発表していることもあり、発売される車種も増加している。また、音、点灯できるライト、カメラなどを取り付けた車両を登場させるなど、エレクトロニクスの進化に合わせてさまざまな新機能が搭載されている。

実在する車両の玩具だけでなくきかんしゃトーマスシリーズもある。プラレールのほかにカプセルプラレールもあり、こちらはトミーの子会社であるユージンが発売している。

また、プラレール博というイベントが主要都市で開催されることがある。イベント記念品など発売されたり、会場で遊ぶことが出来る。



沿革
1959年(昭和34年) - プラレールの元祖となる、「プラ汽車セット」(手転がし式)が発売される。
1961年(昭和36年) - 初の電動式である、「電動プラ汽車セット」発売。この時早くも、前述した定義による編成となった。
1964年(昭和39年) - 東海道新幹線開業により、「電動超特急ひかり号」発売。なおこの当時は、車体色が赤と白の2色であった。
1968年(昭和43年) - 国鉄101系を模した「電動でんしゃ」発売。この商品は改良を重ねながら1994年まで継続販売される。
1971年(昭和46年) - 国鉄181系を模した「プラレールとっきゅう」発売。中間車は「電動超特急ひかり号」の流用であった。
1972年(昭和47年) - 都電8000形を模した「ちんちん電車」発売。プラレール史上初の2両編成車両。走行中に「チンチン」と音がなるギミック付き。
1973年(昭和48年) - 「C12ロータリーじょせつ車」発売。僅か1年の短命商品であったが40周年を迎えた1999年に復刻された。
1975年(昭和50年) - 国鉄165系を模した「東海型急行」発売。この商品は改良を重ね現在も販売中。限定品もあり実車同様カラーバリエーションも豊富。
1975年(昭和50年) - 営団地下鉄6000系を模した「地下鉄シルバー電車」発売。この商品は改良を重ねながら1999年まで継続販売される。
1977年(昭和52年) - 国鉄485系を模した「L特急」発売。現在も販売されている。また、セットのみの販売などで実車同様カラーバリエーションが多い。
1978年(昭和53年) - 国鉄C12形を模した「C12蒸気機関車」発売。「C12ロータリーじょせつ車」から機関車だけが単品販売されたものであり、現在も販売されている。
1979年(昭和54年) - 「ブルートレイン」発売。牽引機の変更などの改良を加えられながら現在も販売されている。
1983年(昭和58年) - 「おどり子号」、「リレー号」、「通勤特急」発売。「おどり子号」と「リレー号」は当時最新鋭の国鉄185系電車を、「通勤特急」は阪急6300系を模したものだったが、全て「東海型急行」の型を使用しており、短命に終わる。
1984年(昭和59年) - 現在も販売される遠隔操作シリーズの元祖と言える「R/Cシリーズ」発売。ラインナップは0系新幹線、200系新幹線、485系電車、165系電車、営団6000系、EF65+24系客車の6種。
1985年(昭和60年) - 国鉄205系を模した「通勤電車」発売。初期製品は二段窓だった。
1985年(昭和60年) - 新幹線100系を模した「ニュー新幹線」発売。当時の大ヒット商品となる。
1987年(昭和62年) - 「ニュー新幹線」を改良した「2スピード新幹線」発売。この商品より現在の手転がし機構付動力となる。
1993年(平成5年) - 「きかんしゃトーマス」シリーズ発売。現在もラインナップを増やしながら販売中。
1997年(平成9年) - 10月14日を「プラレールの日」に制定。これを記念して「特別限定復刻版ちんちんでんしゃ」発売。以後毎年10月14日には限定復刻版が発売されるようになる。
1999年(平成11年) - プラレール40周年。各地でイベントが開催され、様々な限定復刻版商品が発売される。
2000年(平成12年) - 小型CCDカメラを搭載した「テレビで遊ぼう!僕はプラレール運転士」発売。車両は922形検測車(ドクターイエロー)を採用。
2001年(平成13年) - プラレール史上初の懸垂式モノレールがセットされた「タイムステーションD51」発売。
2001年(平成13年) - ハイパワーモーターを搭載した「EH500金太郎」と「EF210桃太郎」発売。プラレール長大編成時代の幕開け。
2002年(平成14年) - プラレールの常識を覆す7両編成の「いっぱいつなごうブルートレインセット」(モデルは寝台特急北斗星)発売。
2003年(平成15年) - 「サウンドプラレール」シリーズ発売。特に「サウンドC62重連セット」はその車両完成度の高さと実車から録音された音を使用したことで人気に。
2004年(平成16年) - 「プラロード大鉄橋&マリンライナーセット」発売。瀬戸大橋をモデルにした長さ85cm、高さ27cmという類を見ない大きさの大鉄橋がメイン。付属するJR四国5000系マリンライナーもクオリティが向上。
2005年(平成17年) - 「まがレール」発売。それまでは直線と曲線レールのみでレイアウトの拡張性に制限があったが、鉄道模型のフレキシブルレールに匹敵するこのレールの登場で、自由性が広がった。
2006年(平成18年) - 「京浜東北線スペシャルセット」 「広島電鉄5100形電車〔Green mover max〕」発売。日車夢工房(日本車輛製造)よりN700系が発売。路面電車シリーズが発売。特殊な連結器により連接構造を再現。
2007年(平成19年) - 「常磐線スペシャルセット」「S-32ドア開閉E231系500番台山手線」発売。また阪急電鉄より阪急9000系も発売。


車両
前述の通り、プラレールの車両は3両編成が基本である。

主に新幹線車両や在来線特急、私鉄の花形特急を商品化しているが、ここ近年はJR・私鉄の通勤型車両、機関車や貨車の種類も増えつつある。前述の少子高齢化以外に成形技術向上によりリアリティが増したためか「大人向け」と思われるものも近年増えてきた。

動力源は単二乾電池(一部車両は単三乾電池)で、電池によってモーターを回し、幾つもの歯車を伝って動力車後輪を回転させるいわば「後輪駆動」である。走行させるためのスイッチは動力車屋根右側に飛び出す様な形で存在する。スイッチを切っている時は手転がしで遊ぶことが出来る構造である。この機構は誕生当時からあったわけではなく、1987年に登場した(1987年以前のものは動力車正面下部にあり、手転がしで遊ぶことは出来なかった)。

2000年代になってからは、従来よりも牽引力のある「ハイパワーモーター」を搭載した機関車やサウンドユニットを組み込んだ車両も登場し、「10両編成以上の長大コンテナ貨物列車」や、「本物さながらの音を出しながら走る通勤電車」などが当たり前になりつつある。

そのほか、鉄道会社の委託等によって特定の場所、イベントでしか販売されない車両(限定品)も存在する。



レール
プラレールのレール部品は発売当初から基本的な設計は変わらず、過去のレール部品と現行のレール部品でもほぼ問題なく接続できる。 接続面は凸と凹の形をしており、小さな子供でも苦労せずに接続できる工夫がされている。 例外としてUターンレール専用の曲線レールの接続面はΩ状の形を、イギリスで発売されている機関車トーマスシリーズの転車台専用の直線レールの接続面は◇状の形をしている。

過去に1/2直線レール、1/4直線レールの規格にも合わない半端な長さのレール(ジョイントレール)が存在していた他、曲線半径が現在の複線外側曲線レールよりも大きいレール(大曲線レール)、レールと橋脚が一体となっていて、ブロック橋脚を使うニュー坂レールとは高さが合わないレール(大橋レール)などがあった(現在、これらのレール部品は改良され、ジョイントレールは1/4直線レールに、大曲線レールは複線外側曲線レールとなった。大橋レールは生産終了、絶版となる)。

基本となるレール部品は曲線レールと直線レールで、一部の例外を除きほぼ全てのレール、情景部品がこのレール部品を基本としている。ターンアウトレールがその最たる例で、直線レールと曲線レールを合わせた形になっている。

現在材質は主に軟質プラスチックを使用しており、子供が手荒く扱っても壊れにくいものとなっている。ただしまがレールなど一部に材質の違うものがあるので注意が必要である。

レールの色は青が基本であるが、一部セット品には他の色のレールも存在する。[例:ハローキティドリームトレインセット、ピンク色]

以前はジャスコ限定で赤・緑・黄・白のレールが売られていた。現在でもプラレール博など各種イベントなどでもスケルトンや各種カラーレールを売っている場合がある。



情景部品
レール部品の規格を基本に、プラレールの世界にも実物と同様、橋・踏切・駅・信号機・車庫などの建造物を模倣した情景部品が存在する。電車の動きに合わせて遮断機が下りたり音が鳴ったり電車が止まったりするものもあり、プラレールの世界を彩っている。

材質はプラスチックであり、子供が手荒く扱っても壊れにくいものとなっているが、はね橋や踏切など機構上レールより破損しやすいものも少なくない。

多くは単品で発売されているが、車両基地・高架駅など大きな情景品はセット品のみの場合が多く、コレクターも入手・金銭の工面・収納に苦労する傾向にある。 2004年のプラロード大鉄橋&マリンライナーセット、2006年のE4Max車両基地セット、2007年の自動のりかえ駅ドクターイエローセットなど、車両と線路と大型情景がセットになることが多い。はじめから全て揃っているためプラレール入門に向くとの声もあるが、高価であるため売れ残ることも少なくない。

車両のない大型情景セットも2004年の日本全国アナウンスステーションなどが挙げられる。ステーション系大型情景部品は単体発売されることもあり、その場合はステーションに見合ったレールセットも併売される(おおきなドームステーション、きかんしゃトーマス・ナップフォードステーション)

その他、トイザらス限定など小売店が企画したセットもあるので情報収集も必須である。



プラキッズ
トミカ、プラレールで共通して使われている高さ4cm程の樹脂製人形の総称。トミカの物とプラレールの物とで仕様が異なる。 プラキッズ単品での販売は無く、セットの付属品の一つとして有る為に、駅舎の場合は駅員や保線区員、旅客車の場合は乗務員及び乗客など、関連したプラキッズが付属してくる。これらは駅構内などに置くだけではなく、対応車両に乗せることもできる。

傾向としては「プラキッズ」と銘打った情景部品や車両単体(限定販売を含む)、「いっぱいつなごう」系統の車両セットについてくる場合が多い。これらセットは人形遊びができるので男の子だけでなく女の子でも楽しめるようである。



プラレールひろば
メーカー主催ではなく、個人や私的団体が主催で行うプラレールを扱うイベントを、一般に「プラレールひろば」と言う。1998年8月23日東京都大田区の羽田図書館にて「あおぞら鉄道」と言う団体により行われた「あおぞら展」が事実上の第1回「プラレールひろば」と言える。Nゲージレイアウトとの併設であったがこのときプラレールコーナーも好評を得た。

その後、1999年7月10日の埼玉県川口市の北公民館で行われた「第一回プラレールひろばinかわぐち」 から正式に「プラレールひろば」と呼ばれるようになった。内容は、主催者が線路(レイアウト)を設置し、参加者もプラレール車両を持ち込んで遊べるという基本を守りながら、Nゲージレイアウトを併設する、幼児用プレイゾーンや修理コーナーを設けるなど、主催者の意向により様々に分化した。

「プラレールひろば」のほか、主催者の意向で「プラレール運転会」など別の呼称が与えられる場合があるが基本内容は変わらない。

現在は日本各地に広まり、体育館・公民館・図書館等の公共施設で開催されている。中には毎年恒例になり一般への知名度が高い「プラレールひろば」も存在するが、それらはイベントの主催者がプラレールファン個人または私的団体へオファーを掛けるケースが少なくない。大型化したプラレール運転会はイベントに参加するパターンが増えた。

その他、会場では地元を走る列車をモデルとした改造車両や、絶版品・限定品等の貴重品の売買、互いの車両の改造方法等を教え合う事もある。近年レイアウト大型化の波を受け、会場準備・設営・維持運営・撤収などの面から団体もしくは仲間を集めて協力し合うことが多い。



関連項目
鉄道模型
スーパーレール
TOMIX
デジタルプラレール - PC上で遊ぶことのできるプラレール。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。