天賞堂(てんしょうどう)



天賞堂(てんしょうどう)は、東京都中央区銀座に本店を構える貴金属店および鉄道模型店。

神奈川県横浜市の横浜駅西口に貴金属の支店を、東京都新宿区と千葉県浦安市の舞浜駅近くに鉄道模型の支店を構えている。1879年に印刷屋として創業したが、1891年から貴金属の販売を開始した。日本最初の美人コンテストに景品を出したこともある。そして、1949年から鉄道模型の販売を開始した。鉄道模型においては"Tenshodo"として海外でも一目置かれる立場にある。

また、銀座本店の角には可愛らしげな天使の像が設置されており、銀座の名所の一つとして知られている。



鉄道模型
かつては進駐軍相手に米国型主体で始めたが、変動相場制の導入に伴い徐々に円高になるにつれ国内向けの比率が高まり現在に至る。鉄道模型愛好家向けの製品のみならず、大阪の弁天町にある交通科学博物館の展示模型も手がけている。過去には60年代のホンダF-1マシンを出した事もある。

かつて天賞堂製といえば宝飾品で用いられるロストワックス技術を利用した妥協を排したつくりの高級ブラスモデルが代名詞とされるが、早くからエボナイト樹脂成形による車輌も生産していて、近年はBachman社と共同でプラスチック製の新幹線や蒸気機関車、電気機関車等、普及製品の製作、販売にも力を入れている。プラスチック製モデルの販売は16番愛好家の裾野拡大に繋がると考えられるが、高級ブラスモデルの代名詞とも言える天賞堂ブランドから販売される事に従来のブラスモデル愛好家からは戸惑いの声も聞かれる。

2006年にはこれまでの歴史を扱った本も出版された。

また、銀座本店4階のエバーグリーンでは中古品、委託品を取り扱っており、愛好家に中古品流通の場を提供している。ガラスケースに並ぶ商品は鉄道模型界の歴史を映し出しており、時折、戦前の希少品の出品もみられる。 


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。