コルク道床(こるくどうしょう)



コルク道床(こるくどうしょう)とは鉄道模型の軌道を構成するコルク製道床の総称。

コルクは天然由来の柔軟性や微細な空洞を利用して吸音材やショック吸収剤に使用されてきた。鉄道模型のコルク道床は主に鉄道模型レイアウトで使用される。主に固定式線路の道床として用いられ鉄道車輌模型の重量を分散し線路への負担を軽減する効果、また走行音の吸収を行って消音効果を得られる。コルクは柔軟性が高く切断加工も容易に行える。固定式線路に多いフレキシブル線路(自由に曲げ加工を行える線路)との併用、また分岐器部分などの複雑な配線箇所へ使用することができる。コルク上に敷設した固定式線路でレールと枕木を再現し、バラストを散布するのが鉄道模型で一般的なコルク道床の使用方法である。



関連項目
レイアウト (鉄道模型)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。