KATOの鉄道模型のレールや車両



KATOの鉄道模型のレールや車両は、どのくらいの寿命があるのでしょうか。

KATOの鉄道模型のレールや車両は、どのくらいの寿命があるのでしょうか。



レールは、壊したりペンキで汚染したりしない限り、半永久的に使えます。
レールの素材は錆びにくいニッケル?を使っています。極端に水につけない限り、半永久的に錆びません。
車両は、使っているうちに動力台車のギヤにホコリが入り、スムーズに走行できなくなります。
その場合、台車を分解してギヤのホコリをとるか、分売パーツ(Assyパーツ)で動力台車を取り寄せる必要があります。
もしくは、KATOに動力車の修理依頼をすれば、きちんと走行できる状態で戻ってきます。
ただし、発売中止となった古い車両は、修理依頼や分売パーツを取り寄せれなくなる(在庫があるまでは可能)ので、注意が必要です


>どのくらいの寿命

平均3年ですね。

一瞬で壊れることもあれば、20年以上遊べるものもありますがね

メンテナンスを怠ったり、1両のM車に多い車両を連結して走行したり急加速急停車急方転するなど負荷をかければ、あっという間に故障します。ギヤなど主要パーツでも機構の変更で販売中の製品でも部品がなくなる事も多いです。特にKATOのサポートは昔からそうですが、消耗品という前提で対応しています。よって修理して使う趣にはある意味サービスが悪い面があります。どうか大事に使うようメンテを欠かさず、丁寧に使ってやりましょう。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。