鉄道模型




鉄道模型 TOMIX 公式サイト(トミックスワールド)鉄道模型トミックス公式サイト(トミックス鉄道模型の最新情報が満載)




KATO鉄道模型KATOホームページ情報版:最新のKATO情報をお届けいたします. ... 創刊25周年を迎えたKATOニュースは、鉄道模型の楽しみ方や実物との関連といった、今までとは切り口の異なる情報を中心にお伝えします。 ...




鉄道模型 - Wikipedia鉄道模型(てつどうもけい)は、一定の縮尺・軌間による鉄道車輌・線路の模型をいう。その初期においては、ブリキ製の玩具との境界はあいまいであるが、次第に決められた縮尺・軌間によって製作して、コレクションしたり線路上を走行させて鉄道の情景を ...





鉄道模型 敷き布レイアウト/Nゲージ、ジオラマ、お座敷レイアウトの ...やっぱりジオラマを作って鉄道模型を走らせたい!!でもスペースが・・・。そんなNゲージ走行派にお勧めする新方式の鉄道模型レイアウト法をご紹介します♪





鉄道模型.com (鉄道模型どっとこむ) - 鉄道模型(Nゲージ・HOゲージ ...鉄道模型ファンが集う情報交換のサイトです。 ... 鉄道模型に直接関係するものでも無いのですが。。。 2007-05-14 [募集いたします] 支援金募集のお願い高千穂鉄道が経営を断念してから、民間で新会社「神話高千穂トロッコ鉄道株式会社」を設立し、譲渡・ ...





鉄道模型 ショッピングモールrail-way.com鉄道模型、Nゲージ、HOゲージ、鉄道書籍、鉄道模型雑誌の古本、レンタルレイアウト等の鉄道模型関連専門ショッピングモール.






鉄道模型(仮)@2ch掲示板1: 神経質な人がが鉄道模型を楽しむスレ (97) 2: 鉄道模型運転会を語る 第3会場 (852) 3: 関東地方の鉄道模型店について語ろうPART24 (286) 4: 113・115系を模型で楽しむスレ (210) 5: 【ギャー】模型で楽しむ国鉄・広島L-01【ギギギ】 (44) 6: 史上最低 ...





趣味の鉄道模型ホームページこのページでは、私の趣味「鉄道模型(Nゲージの車両やレイアウト)」を中心に実車の写真などもご紹介していきます。 ... 今日も、趣味の鉄道模型ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。 2007年3月11日 リンク集 鉄道(実車)関係の ...





ホビーサーチ 鉄道模型の通販・通信販売KATO (カトー)、TOMIX (トミックス)、PRO Z (東京マルイ)などの鉄道模型の通信販売。品揃えと迅速発送を心がけたN・HO・Zゲージのネット通販。予約商品情報もメルマガで配信中。





[JAM] 日本鉄道模型の会鉄道模型との関わりは3歳で三線式Oゲージに関わり、小学生時代は小高のペーパーキット、中学高校時代は真鍮模型の工作と蒸気機関車の終焉を撮影することに没頭しておりました。その後、JAM発足時の初回のコンベンションにてクリニック講師を担当させて ...




[JAM] 国際鉄道模型コンベンション東京ビッグサイトの様な大きな会場を使ったコンベンション運営は、専門の業者が運営に当たっていることが多いのですが、モデラー、販売店、そしてメーカーが手を携えて鉄道模型の楽しさをできるだけ沢山の人々に実感してもらいたい、というJAMの精神に ...




鉄道模型 販売 通販 | ジョーシン鉄道模型は遊びたくなる、集めたくなるがいっぱい!バラエティー豊かな品揃えは見ているだけで楽しくなる!?ジョーシンウェブは遊び心が満載です!




鉄道模型店 Models IMON東京都に店舗がある鉄道模型専門店。在庫検索、通信販売ほか、レンタルレイアウトの案内。





鉄道模型(Nゲージ) ジオラマ鉄道模型の各メーカーから販売されているスタートキットは一通り揃っていて簡単に始められます。 ・車両:Nゲージ(1/150)、HO ... 鉄道模型の線路には、単線用と複線用があります。トラス鉄橋、鉄橋もあり、色々組み合わせて使用します。 ...





BSジャパン 鉄道模型.chBS JAPAN · ホーム · 番組一覧 · 番組表 · 双方向サービス · データ放送 · BSデジタルの見方 · サイトマップ · 会社案内|個人情報保護|リンクと著作権について | お問い合わせ.





鉄模連日本鉄道模型連合会(JMRA)。鉄道模型製造会社の団体。会員へのリンク。




鉄道模型 トップページいただいた鉄道写真を 展示しています。 ▲世界の鉄道通にな れる連載です。 ■天賞堂ホームページへのご感想、ご意見は、
まで。 ■日本鉄道模型連合会 会員 ■日本鉄道模型の会(JAM) 会員 ■銀座コンシェルジュ ...




中古Nゲージ鉄道模型と鉄道書籍/ポポンデッタ鉄道模型(Nゲージ)中古ショップと鉄道雑誌・時刻表・鉄道書籍の古本屋、中古鉄道ビデオ店。KATOやTOMIX、マイクロエース、グリーンマックス等全てのNゲージメーカー品取扱。鉄道模型オークションも開催。




ヨコハマ鉄道模型フェスタ鉄道模型メーカー、電鉄会社、出版社全21社による鉄道模型イベント。鉄道模型、ジオラマ、鉄道グッズ販売等.




NHK趣味悠々イラストレーター・模型作家。独自の発想で数多くの作品を発表、これまでにないポップな作風で鉄道模型の分野でも新風を吹き込んでいる。 ... レイアウト制作にいそしむ仕事場には、日々地元の子どもたちが集まるという。日本鉄道模型の会理事。 ...




鉄道模型コレクター当HPは、鉄道模型車両の流し撮り画像を中心に、お座敷レイアウトで走行した車両も画像で公開してます。 12月17日. 「SNSりんく」のページを追加。 「モジュール」のページに、画像を追加しました。 ...




牛乳パック鉄道模型牛乳パック鉄道模型のページへ! 私が描いた列車の絵を牛乳パックに張り付けて鉄道模型をつくってみませんか? 私の鉄道模型は、牛乳パックサイズにデフォルメしたものです。 だから、本物とはずいぶん前後に押し縮めた形ですが、 ...




鉄道模型 美美模型鉄道模型 美美模型 スピーディーに対応いたします。鉄道模型の情報がいっぱいのネットショップ.




【鉄道模型専門店 アトラム】KATO、TOMIX、マイクロエース ...Nゲージ・HOゲージ鉄道模型の販売。




鉄道模型 ネット通販専門店 ごわす屋NゲージHOゲージ を中心に 全国のお客様へ商品をお届けしてるネット通販専門店。鉄道模型以外にも、バスコレクションや、カーコレクション、バス模型などももあります。また、人気商品Bトレインショーティーや鉄道コレクションなどの開封バラ売りも ...





鉄道模型の旅 もりもり鉄道登録サイトになりました★ 2007/01/09 ★鉄道模型の旅もりもり鉄道★ 2007/01/08 リンク更新(小田急研究所) 2007/01/08 リンク更新(鉄道ステーション) 2007/01/08 リンク更新(EH-Photo site) 2007/01/08 リンク更新(中央線図鑑) 2007/01/08 リンク ...




鉄道模型の小型レイアウト「鉄道模型の小型レイアウト製作のススメ」を改訂しました。(06/8/19) ・「Zゲージ(marklin Z)の小型レイアウト製作記 」に追記しました。(06/8/11) ・「Nの在籍車両の紹介」を追加しました。(06/2/19) ・「Zゲージ(marklin Z)の小型レイアウト製作 ...




壱番館 - 25%OFFの鉄道模型通販店主要メーカーを取り扱う会員制の鉄道模型通販店。レール、制御機器、修理クリニックも有り。




鉄道模型のアレ(仮題)鉄道模型のアレ(仮題). レイアウト, 現在製作中のNゲージレイアウトの進捗状況です. 所有車両紹介, 国鉄車両、関東民鉄中心です. 運転会報告, レンタルレイアウト選びの参考にもどうぞ. ベストリニューアル, 小加工を施した車両たちを紹介します ...




鉄道模型・トップページ最近、巷で騒がれる鉄道模型の表示方法ですが、スケールもゲージもグッチャになって 混乱するばかりです。当HPでは日本型鉄道模型を、1/80(16番)、1/87(12mm)と表 記する事にしました。(古いページには別の表記が残っているかもしれません。 ...




鉄道模型KIDA トップページ鉄道模型KIDAへのご来店有り難うございます 在庫のお問い合わせはメールor Faxで 店頭でDC.UFJ.NICOSカードが利用可能 通販ではほとんどのクレジットカード決済が可能です ★プロト・タカ製品 Nサイズフィギア取扱い開始12体入りで499 ...




【レポート】第46回静岡ホビーショー - RCカーからプラモデル、鉄道 ...第46回静岡ホビーショー - RCカーからプラモデル、鉄道模型まで. (1) タミヤ. 2007/05/20. 野口智弘. 目次 · 次へ. 静岡市・ツインメッセ静岡にて、模型・ホビー関連製品の見本市「第46回静岡ホビーショー」が17日から行われている。 ...




ガッタンゴットン鉄道模型On30(Oスケール16.5mmゲージ)のナローゲージ鉄道模型と、HOゲージおよびNゲージのDCCアメリカ型鉄道模型に興味を持っています。いまのところ、On30は車両の自作、HOゲージは動力車のDCC化とDCCレイアウト製作を試みています。 最近16番/HOの小型電車に ...




新京成鉄道模型館... ★実物運転台 この運転台は新京成電車800形と8000形の実際に運転台で使用していたものからできています。 左手でノッチ、右手でブレーキの実物のハンドルをぜひ体験してみて下さい。 併せて、運転士に異常が生じた時、危険を回避する ...




ホビーズの鉄道模型屋:Nゲージ・HOゲージ鉄道模型販売店でトップクラスの品揃えとお値打ち価格のお店です。ポイント還元で更にお得!初心者の方でも分かりやすいお店です。




T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/ウェブリブログブログ名: T.O. 重工の鉄道模型作製日誌; ブログ紹介: 初めまして〜♪工場長の知佳です。 ここは、私が自作している鉄道模型について工場の日報的な感じで紹介するブログです。 腕はあまりよくありませんけど、 模型を作製するための参考(失敗例の? ...




Amazon.co.jp: 鉄道模型・ホビークラフト: ホビーカテゴリー. 鉄道模型・ホビークラフト. Nゲージ (1936) · 木製模型 (9) · その他 (459). ブランド. すべてのブランド. カトー (1002) ... 鉄道模型・ホビークラフト. 検索結果2349件中1件から16件までを表示. 戻る, |, ページ:, 1, 2 · 3 · 4 · 5 . ...



Amazon.co.jp: 鉄道模型工作技法: 本: 菅原 道雄Amazon.co.jp: 鉄道模型工作技法: 本: 菅原 道雄 by 菅原 道雄.




ショッピング > 鉄道模型 - Yahoo!カテゴリショッピング > 鉄道模型 - Yahoo!カテゴリのサイトと関連するYahoo!サービスへのリンク.




I.MAGIC HOBBY WORLDユーザーサポートメールアドレス:
※ページに掲載されている画面写真は各パッケージを組み合わせて撮影しています。ストラクチャーはパッケージによって収録内容が異なります。 ※このページは開発者によって制作、ご提供しています。 ...




トレインショップNゲージ販売店。日本型・アメリカ型を中心に扱う。発売時期と在庫の情報、アクセス。




鉄道模型オタク〜Nゲージレイアウト製作記録ですNゲージレイアウト製作記録や車両加工記録、国鉄時代の実車画像などを展示しています。




Gゲージ鉄道模型・風雅松本亭Gゲージ鉄道模型中心のサイト、小型・旧型・アメリカ型志向です。Gゲージとは2番ゲージナローの鉄道模型の総称、縮尺は1/19.05(16mmスケール)から1/24(1/2インチスケール)まで。レール幅は45mmで1番ゲージとは別のスケール ...




鉄道模型鉄道模型ジオラマの制作編 (垣根). 最近はいろいろな商品があり、大変扱い易くなりました。 生垣のストラクチャも売っています。 田舎の農家の風景を作ろうかと思います。 楽しい にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ ...




HASEGAWA-MODEL,プラモデル鉄道模型のハセガワです静岡県焼津市。プラモデルと鉄道模型の製造、販売。製品紹介、通信販売、制作のヒント。




鉄道模型レイアウト製作日記 - livedoor Blog(ブログ)みなさまこんにちは、JR関西社長の太田紀矢でございます国土交通省の認可も受けず、鉄道模型会社を経営ライブドアーブログで、大人のホビーワールドをどんどんと展開してまいりますなお、このブログは、お子様向けではございません ...




鉄道模型 ワイズ模型店鉄道模型 専門通販・KATO等国内主要メーカー最高20%OFF販売。オークションも開催中・お気軽にご来店ください。




鉄道模型、Nゲージ、HOゲージ、レンタルレイアウトのアオバ模型Nゲージ、HOゲージをお買得価格にて販売。大阪旭区にてレンタルレイアウト完備の実店舗をプレオープンしました。アオバ模型のレンタルレイアウトで鉄道模型を思う存分走らせよう。




鉄道模型(Nゲージ/KATO/TOMIX)・鉄道部品・鉄道グッズ・プラレール ...東京都のリサイクルショップと質屋>鉄道模型・Nゲージ・プラレール 東京堂 鉄道模型(Nゲージ/KATO/TOMIX)・鉄道部品・鉄道グッズ・プラレール・チョロQ・ミニカー買取.




鉄道模型主義 -TMS-左の“メニュー”が表示されていない場合はここをクリック ! 一見“変”な掲示板ですが気にしないでご感想をお寄せください。 「鉄道趣味」に関する話題はこちらの鐵道掲示板で展開中です。 当サイト上に掲載している全ての写真の無断転載を禁止します。 ...





レンタルレイアウト



レンタルレイアウトとは、時間制で鉄道模型の運転場所(レイアウト)を提供するサービス、またはこれにより提供されるレイアウトを指す。貸しレイアウトや、それを略して貸しレと呼ばれることも多い。

営業形態としては、レイアウトの提供を主体とするもの、鉄道模型販売店が販売促進もしくはサービスの一環として設置するもの、そのほか鉄道愛好家が設置したものを一般にも開放する例、複合カフェのサービスのひとつとして設置する例などが存在する。従来は鉄道模型販売店が設置する形態が多かったが、今日ではレイアウトを提供することを主体とした営業形態が増えつつある。いずれの場合でも、個人では設置が難しいほど大型のレイアウトが一般的である。

基本的に、走行させる模型車両は利用者が持ち込まなければならない。しかし車両貸出のオプションを用意し、鉄道模型愛好家以外でも気軽に楽しめるようになっているものもある。

提供されるレイアウトの情景(シーナリー)は、本格的に作り込んだもの、簡単に用意しただけのもの、これらを一切作らず線路を固定しただけのものなど様々である。

動く鉄道模型を楽しむために、自宅に大型レイアウトを構えることを夢見る鉄道模型愛好家は少なくない。しかし実際には住宅事情などのためにレイアウトを設置できない者が多く、設置できたとしてもマイクロレイアウトに代表される小さなもの、またはお座敷レイアウトなどの簡単なものになりがちである。大きなレイアウトを楽しむには交通博物館などでの運転ショーを眺めるか、愛好家同士の運転会で組み立て式のレイアウトで運転するなど、選択肢はこれまで限られていた。レンタルレイアウトはこれら鉄道模型愛好家のニーズを捉え、発展しつつある業種である。



関連項目
レイアウト (鉄道模型)
八王子N広場


ストラクチャー



ストラクチャーとは、主に鉄道模型分野において建物の模型をさす。



概要
大別して鉄道関連施設(駅舎やプラットホーム、車庫、信号所など)と、それ以外の一般の建物(住宅や店舗、工場など)がある。
主にレイアウトやジオラマを製作する際に使用するが、お座敷レイアウト(床にレールを引いただけの状態)でも雰囲気を出すため並べる事も多い。
車両製品と同じように完成品とキットの両形態がある。


主な発売メーカー
関水金属(KATO)、主に完成品。
TOMIX(トミーテック)、主に完成品。
グリーンマックス、キットのみ。
ヒルマモデルクラフト、キットのみ。
河合商会、完成品のみ。

5インチゲージ



5インチゲージとは軌間(線路の内側の幅)が5インチ(約127mm)の鉄道模型。3.5インチゲージ(約89mm)と共に日本国内では最も普及していると思われる乗用の鉄道模型である。ライブスチームの車輌が運転される他、モーターと自動車用バッテリーを搭載した、いわゆる電動ライブの車輌も用いられる。

縮尺は概ね1/6から1/12程度である。通常の鉄道模型は、縮尺が決められた上でゲージ(軌間)が定められるが、5インチゲージなどに代表される屋外志向の鉄道模型の場合は先ず線路ありきで、既存の運転会場に敷設された5インチゲージの線路を走る前提で車輌が製作される。その為に、ナローゲージの車輌を作りたい愛好者は1/6などの大きな縮尺を選び、国鉄型の車輌を作りたい愛好家は1/8.4程度の縮尺を選ぶ。しかし、いずれの縮尺を選んだにせよ、その車輌は5インチゲージの車輌である。その為に、単純に「5インチゲージの車輌」と言うだけでは、その縮尺を特定することは出来ない。

主に乗用の庭園鉄道として作られることから、祭りなどの催しがある際など、各地で常設の運転場が運営されている。

マイクロレイアウト(Micro layout)



マイクロレイアウト(Micro layout)とは、鉄道模型のレイアウトでも特に小さなものの事を指す。

マイクロレイアウトとは、シーナリィ(情景)やストラクチャー(建造物)を有したそれ単独で運転ができる完結した超小型レイアウトを指し、車輌展示を目的にしたジオラマや単独で運転が完結しないモジュールレイアウトとは明確に区別される。

日本ではマイクロレイアウトでも箱庭的なマイクロレイアウトのことを一部ではパイク(Pike)と呼ぶ場合もあるが、欧米では固定式レイアウトに対して小面積の移動式レイアウトやモジュールレイアウトのことをパイクと呼ぶので意味合いが異なる。

また欧米ではマイクロレイアウトでも円形の平面土台上につくられたものは形がピザ(Pizza)に似ていることからピザレイアウト (Pizza layout) の愛称で呼ばれることもある。

マイクロレイアウトは一般に線路配置がエンドレスのものが多いが、ポイント・ツー・ポイントの線路配置に各種ギミックを組み込んだ例も見られる。


マイクロレイアウトの最大の特長は非常に小さいことであるが、その分レイアウト本来の鉄道情景が生かされなかったりスペースに対してアンバランスになったりしてトイライク(玩具的)になる傾向がある。


コルク道床(こるくどうしょう)



コルク道床(こるくどうしょう)とは鉄道模型の軌道を構成するコルク製道床の総称。

コルクは天然由来の柔軟性や微細な空洞を利用して吸音材やショック吸収剤に使用されてきた。鉄道模型のコルク道床は主に鉄道模型レイアウトで使用される。主に固定式線路の道床として用いられ鉄道車輌模型の重量を分散し線路への負担を軽減する効果、また走行音の吸収を行って消音効果を得られる。コルクは柔軟性が高く切断加工も容易に行える。固定式線路に多いフレキシブル線路(自由に曲げ加工を行える線路)との併用、また分岐器部分などの複雑な配線箇所へ使用することができる。コルク上に敷設した固定式線路でレールと枕木を再現し、バラストを散布するのが鉄道模型で一般的なコルク道床の使用方法である。



関連項目
レイアウト (鉄道模型)

碓氷峠鉄道文化むら(うすいとうげてつどうぶんかむら)




碓氷峠鉄道文化むら(うすいとうげてつどうぶんかむら)とは、信越本線横川駅−軽井沢駅間の廃止と共に役目を終えた、群馬県安中市松井田町の横川駅に隣接した横川運転区跡地に建設された、体験型鉄道テーマパークである。

1999年4月18日に開園。財団法人碓氷峠交流記念財団が運営する。碓氷峠の歴史や資料、碓氷峠で活躍した鉄道車両、国鉄時代の貴重な車両などを展示・公開している。また、信越本線の廃線跡を利用して、EF63形電気機関車の体験運転も行なわれている。2005年3月から、トロッコ列車の運行も開始した。その貴重な車両群とこの場所の特異性から鉄道ファンの間では聖地とも言われる場所である。





保存車両
碓氷峠どころかJR東日本とも関係のない、北陸や九州で活躍していた車両もあるが、これは国鉄末期に高崎に計画されていた「高崎電気機関車館」(仮称)の収蔵用として高崎運転所に集められ、計画が消滅して宙に浮いていた車両を横川に保存することになったためである。



蒸気機関車
D51形(D51 96) - 埼玉県長瀞でSLホテルとして使用されていたものを移設


電気機関車
ED42形(ED42 1) … アプト式電気機関車
EF15形(EF15 165)
EF30形(EF30 20)
EF53形(EF53 2/EF59 11復元)
EF58形(EF58 172)
EF59形(EF59 1)
EF60形(EF60 501)
EF62形(EF62 1、EF62 54)
EF63形(EF63 1、EF63 10、EF63 11、EF63 12、EF63 18、EF63 24、EF63 25) … 11、12、24、25号機は体験運転用の動態機。
EF65形(EF65 520)
EF70形(EF70 1001)
EF80形(EF80 63)
この中のEF65 520は解体される予定だったが、保存団体がJR貨物から譲り受け、文化村と保存団体が協同で修復し、当地で保存されることになった経緯がある。



ディーゼル機関車
DD51形(DD51 1)
DD53形(DD53 1)


電車
189系


気動車
キハ20形(キハ20 467)
キハ35形(キハ35 901)
キニ58形(キニ58 1)


客車
ナハフ11形(ナハフ11 1)
オハネ12形(オハネ12 29)
オシ17形(オシ17 2055/オヤ17 1復元)
スニ30形(スニ30 8/スエ30 9復元)
マイネ40(マイネ40 11/オヤ41 2復元)
オハユニ61形(オハユニ61 107)
スロフ12形(スロフ12 822) … お座敷客車「くつろぎ」
オロ12形(オロ12 841) … お座敷客車「くつろぎ」


貨車
ヨ3500形(ヨ3961) … 車掌車(ED421の電源車)
ソ300形(ソ300) … 架橋用操重車

スニ30 8




オハユニ61 107




オロ12 841




ナハフ11 1





オシ17 2055




EF15 165




EF30 20




EF53 2





EF59 1




EF60 501




EF63 1




EF63 24(動態保存)





EF62 1




EF62 54




EF70 1001




EF80 63





DD51 1




DD53 1




キハ35 901




キハ20 467





189系




ヨ3961






遊戯施設

あぷとくん

あぷとくん
開園時から、園内に敷設された軌間610mm、延長約800mの周回軌道を運行する本格的な遊覧列車。1998年、イギリス・ウィルソン社製のタンク式蒸気機関車(3950「グリーンブリーズ」号)とEC40形電気機関車を模した日本・北陸重機工業製のディーゼル機関車(10000)が3両の客車を牽引する。3950は新製機ではあるが、日本国内では貴重な動態の蒸気機関車である。


トロッコ列車 シェルパ君

トロッコ列車・シェルパ君
2005年3月26日に、旧信越本線の下り線を活用して運行を開始したトロッコ列車。碓氷峠鉄道文化むら内の「ぶんかむら」駅から、旧丸山変電所付近にある「まるやま」駅を経て、碓氷峠の森公園交流館「峠の湯」付近の「とうげのゆ」駅までの2.6kmを週末や夏期休暇時に限って運行される。凸型のディーゼル機関車DB201(元は、碓氷峠用に製造された保線車両・TMC500A)が坂下(横川)側に連結され、オープン形客車と普通形客車の2両を牽引(推進)する。

碓氷峠交流記念財団と安中市は国土交通省と協議を行い、同財団を鉄道事業法における特定目的鉄道の正規鉄道事業者に昇格させ、同駅間の廃線を復活させる計画がある。現職の安中市長は、安全性の問題から事業の早期実施には消極的であり、一帯の世界遺産登録に関わる手続きが終了するまで事業を凍結する旨を主張している。そのため当初、2006年10月に鉄道事業法の認可を目指し、早ければ2007年10月の開業とJR横川駅への乗り入れを目指していたが、認可・開業時期は未定となっている。市長に反抗的な財団理事長の解任に成功したため、今後は市主導のもとでの進展が予想される。



EF63形電気機関車運転体験
当施設の開催する学科実技講習、その修了試験に合格することでEF63形電気機関車を運転することができる。運転区間は旧信越本線、保存線約300m以上の往復、所要時間は約30分。

また、この講習を繰り返し受講することで運転資格を得ることができる。10回で「機関士見習」、30回「補助機関士」、50回で「本務機関士」の腕章が授与され、また「本務機関士」は単機推進運転、単機推進運転・連結体験資格が与えられ、単機推進運転を5回以上経験することで重連推進運転が可能になる。


オメガセントラル鉄道



オメガセントラル鉄道とは銀座に店を構える天賞堂が製作した鉄道模型のレイアウト。

1949年に銀座本店に第1次オメガ・セントラルが作られた。天賞堂がオメガブランドの腕時計を取り扱っている関係でオメガセントラル鉄道と名付けられた。

現在は舞浜のイクスピアリに2000年に第5次オメガ・セントラルがアメリカ人のボブ・へイデンとデイビット・フレアリーにより作られた。彼らは現在の米国を代表するレイアウト・ビルダーで彼らの作品は高く評価されている。 この製作の過程はとれいん誌で紹介されている。


天賞堂(てんしょうどう)



天賞堂(てんしょうどう)は、東京都中央区銀座に本店を構える貴金属店および鉄道模型店。

神奈川県横浜市の横浜駅西口に貴金属の支店を、東京都新宿区と千葉県浦安市の舞浜駅近くに鉄道模型の支店を構えている。1879年に印刷屋として創業したが、1891年から貴金属の販売を開始した。日本最初の美人コンテストに景品を出したこともある。そして、1949年から鉄道模型の販売を開始した。鉄道模型においては"Tenshodo"として海外でも一目置かれる立場にある。

また、銀座本店の角には可愛らしげな天使の像が設置されており、銀座の名所の一つとして知られている。



鉄道模型
かつては進駐軍相手に米国型主体で始めたが、変動相場制の導入に伴い徐々に円高になるにつれ国内向けの比率が高まり現在に至る。鉄道模型愛好家向けの製品のみならず、大阪の弁天町にある交通科学博物館の展示模型も手がけている。過去には60年代のホンダF-1マシンを出した事もある。

かつて天賞堂製といえば宝飾品で用いられるロストワックス技術を利用した妥協を排したつくりの高級ブラスモデルが代名詞とされるが、早くからエボナイト樹脂成形による車輌も生産していて、近年はBachman社と共同でプラスチック製の新幹線や蒸気機関車、電気機関車等、普及製品の製作、販売にも力を入れている。プラスチック製モデルの販売は16番愛好家の裾野拡大に繋がると考えられるが、高級ブラスモデルの代名詞とも言える天賞堂ブランドから販売される事に従来のブラスモデル愛好家からは戸惑いの声も聞かれる。

2006年にはこれまでの歴史を扱った本も出版された。

また、銀座本店4階のエバーグリーンでは中古品、委託品を取り扱っており、愛好家に中古品流通の場を提供している。ガラスケースに並ぶ商品は鉄道模型界の歴史を映し出しており、時折、戦前の希少品の出品もみられる。 


株式会社関水金属(せきすいきんぞく、英称:Sekisui Kinzoku Co., Ltd.)



株式会社関水金属(せきすいきんぞく、英称:Sekisui Kinzoku Co., Ltd.)は、KATOブランドの鉄道模型の製造元で、日本のNゲージ鉄道模型大手。線路や情景など関連製品も扱う総合メーカーである。






創業からNゲージ製造開始まで
加藤祐治は1957年8月、東京都文京区関口水道町に鉄道模型用金属部品工場を興し、この地にちなんで関水金属彫工舎と名づけた。メーカーの下命で台車枠などを生産し鉄道模型で使われるドロップフォージング部品の9割を生産するようになった。

加藤は1960年代初頭、普及型鉄道模型の量産を計画し小形スケールモデルの構想・開発に着手した。1964年にはNゲージ完成品分野への進出を正式に発表し、翌1965年国産初の本格的Nゲージ製品 C50 蒸気機関車とオハ31系客車を発売した。1975年に発売されたキハ82系で日本形Nゲージ製品の基本構成を確立した。

C50は国産初のNゲージ製品であると同時に、正確なスケールを採用した世界初の本格的Nゲージ鉄道模型として欧米で高い評価を獲得した。小形模型製造に適したモーターやネジ等の部品がなく、工作機械も未整備だった黎明期に独自の設備と技術の自助努力によって模型を作り上げた。

最新の研究では、1975年のキハ82系より以前1971年の段階で日本形Nゲージ製品の基本製品設計が出揃ったことが示されている。



年譜
1957年(昭和32年)8月有限檜社関水金属彫工舎創業
1963年(昭和38年)9mmゲージスケールモデルの開発を開始
1965年(昭和40年)国産初のNゲージC50 蒸気機関車・オハ31系客車発売
1966年(昭和41年)日本初のNゲージ国電103系、固定式線路発売
1967年(昭和42年)3月有限会社関水金属に改称
1968年(昭和43年)ニュルンベルクでカプラー規格の国際統一へ合意
ALCO PA-1発売
1969年(昭和44年)カプラーをNMRAタイプ(X2F)からアーノルトタイプに統一
1975年(昭和50年)初代キハ82系発売
1977年(昭和52年)7月株式会社関水金属に改組
ホビーセンター開設
1980年(昭和55年)営業部門、株式会社カトー独立
ユニトラック(Nゲージ)発売
1986年(昭和61年)HOゲージに進出する
米国法人KATO USA操業開始
1987年(昭和62年)KATO新ブランドロゴ制定
1989年(平成元年)EF81(フライホイール搭載)、ユニトラックがグッドデザイン賞受賞
1997年(平成9年)鶴ヶ島に新金型工場竣工
2005年(平成17年)2代目キハ82系発売


概要


製品の特徴
安定した走り装置を製造することに定評があり、耐久性能も高い。ショーティを除いて部品供給、ライセンス生産は行わない。モーターも自社製であるように、内製品率が高く模型制作へのこだわりは強い。

実物の印象をよく捉えた丁寧な作りこみの製品を発売している。製品はプラスティックに細密なモールド(彫刻)を施して形態を再現している。

一部の蒸気機関車モデルは1/140(正式な縮尺:1/150・9mm)ほどの大きさのオーバースケール製品が多い。キャブに内装できる小形モーターが存在しなかったためだったが、2002年に小形コアレスモーターを自社開発し実用化に成功したが、火室内に収めたためにやはり少々オーバースケールとなっている(9600形)。



経営状態
非常に良いと言われ、2001年〜2005年度の収益は安定した伸びを示している。事業は鉄道模型に専業。輸出比率も高く事業の3割を占める。 最初の日本型Nゲージ鉄道模型をつくりあげた加藤祐治は経営から身を引き、2004年から息子の加藤浩を中心とする経営体制になった。会社の執行役員は創業家の加藤家と国竹家で占められ、同族経営で知られている。(2006年3月現在)



生産設備
主な生産国は日本で、埼玉県に鶴ヶ島、坂戸の2工場を稼動させている。 1997年鶴ヶ島に新金形工場(施工者鹿島建設)が竣工し増産体制が整う。創業時から自社開発と自社製造に対するこだわりが強く、品質を維持し優れた製品や機構を他社に先駆けて生み出す原動力になっていたといわれる。



車輌
もっとも開発に力が注がれている分野であり、製品は精密金型加工技術などが駆使されている。



ラインナップ
日本形Nゲージの嚆矢であるC50形蒸気機関車とオハ31系客車を発売して以後、新製品と再生産を織り交ぜながらラインナップを拡充してきた。カタログモデルだけでも国鉄時代から現在のJRまでの多岐に渡った製品群を持つ。ただし、私鉄の車両のラインナップは少ない。

この他に過去に発売された限定品、鉄道会社からの受注生産モデルやカタログ落ちモデルが多数存在していて、コレクターの蒐集の対象となっている。なお、カタログモデルであっても、メーカー在庫切れの商品は次回生産まで約2年以上の長期間再生産を待つ必要がある。 基本的に自社開発部門で設計し、製造も一貫して行われる。このため、カタログモデルには20年以上以前に設計された製品も多く存在している。



特殊な装備
新機構の開発に意欲的で、付加価値の高い装備を施している。国内はもとより海外製品とも差別化を図っている。

振り子機構
E351系「スーパーあずさ」で初採用。実車同様に曲線上で車体を内側に傾ける機構。ドイツフライシュマン社と方式が異なる。
オープン・ノーズカプラー
新幹線車両の先頭部が左右に開いて連結器がせり出すまでの構造を再現したリアルな連結機構。ただし操作はレール上で行うことはできない。
運転台シースルー
ライトユニットにLEDを採用し小型化して床板内収納式とし、電車の運転台と、客室部分との仕切りを再現した。TOMIX製レールバスなどでも採用されている機構。
サスペンション機構
台車や車軸にばねによって加重を加えることで車輪踏面を線路に押さえつけて安定させ、脱線を防止し線路と車輪の接点を保持して安定した集電を行う機構。
フライホイール
モーター回転軸の慣性を保存し、動力車に無通電区間の踏破性能を与え安定した推進力を与える機構。走行に安定性が増しスロー走行が実現する。1989年国内で先陣を切って導入を開始し、2004年にすべての電気機関車とディーゼル機関車(除く生産休止品)で装備を完了した。さらに2005年から 電車とディーゼルカーで標準装備が進められている。
コロ軸機構(HOゲージ)
車軸端の軸受け部分が走行中に回転する機構
ローフランジ車輪
模型として過大になりがちな車輪のフランジ(つば)形状の張り出しを従来の製品より低くして、より実感的な再現を狙ったが、線路敷設状態が悪いなどの条件下では従来より脱線しやすい。
最終的に最新の製品ではローフランジ車輪は採用されなくなり、代わりにフランジの薄い車輪が使われるようになった。


線路
ユニトラック(HO/Nゲージ、道床付き組み立て式線路)を線路システムの中核として展開している。道床内装ポイントマシン(ソレノイド方式)は世界初採用。耐久性に定評。線路に柔軟性を持たせる独自の接続端子「ユニジョイナー」は商品の代名詞にもなっている。鉄道模型入門用に線路プランバリエーションシリーズ「V線路セット」を展開し複線プレート線路、複線高架線路(スラブ軌道)やジオタウンと組み合わせることが可能。

HOゲージ入門向けに「HO線路セット」、「HOユニトラック マスタープランセット」を展開する。
本格的なジオラマやレイアウト製作向けには固定式線路(フレキシブル線路など)を展開している。


制御機器
従来からの直流12V制御に加え、新しい鉄道模型の制御方式として世界標準であるDCCを採用している。この方面で先進する米国Digitrax社と輸入代理店契約を結び、自社線路システム向けに入門用コントローラーD101を投入した。車載デコーダー(受信機)は長らく輸入に頼っていたが、独自にワンタッチ装着可能な製品を開発し、搭載に必要な分解を最小限度におさえた車両製品の開発と従来品の改修に注力している。2006年以降欧州向け製品は現地規格NEM適合済み。

伝統ある直流12V制御方式では、パワーパック、新コントローラーシステム(定電圧直流電源)に加え、リアルな質感を備えレバー操作で計器類が連動する運転台形コントローラーを発売している。

ジャンプポート
従来の自社直流制御コントローラーをDCCコントローラーに接続させる仕組みで、デジタルコントローラーD101(DCS50K)に装備される。直流電流を変換して制御信号として認識させるシステムのこと。

サウンド制御
サウンドデコーダーを内装した車両は走行スピードに応じてエンジン回転ピッチ音などを変化させながらリアルに走行する。スロットルからの指示によって、汽笛、警笛、連結音、きしみ音などを自由に鳴らすことのできる世界標準のシステム。(2006年現在、米国型HOゲージ車両のみ)



レイアウト用品
レイアウトづくりのためのシステム商品を自社ブランドで展開する。また、海外提携各社のレイアウト用品を自社パッケージブランド化し幅広く投入している。

ストラクチャー
日本形は鉄道シリーズのほか住宅など一般情景用品も扱う。1970年代の鉄道施設や町並みを再現する「ローカルストラクチャーシリーズ」を展開し、蒸気機関車運転施設に強み。「ジオタウン」はプレート上に町並みを再現したシリーズで駅前施設のほか、レストランや商業ビル、公共施設など幅広い。郵便自動車や人形などのアクセサリーに独自性がある。

レイアウト用材料
樹木や草地、地面、ユニトラック用バラストを自社展開。世界的な有名メーカと多く提携を結び、米国、ドイツなどレイアウト普及国の製品を多く取り入れている。



ホビーセンター
ショールームをかねた直営店で現在は東京と大阪に2店舗をもつ。顧客との対面窓口としての性格も強く、故障修理をはじめアフターサービスに強い。 販売では模型車輌、特にASSYパーツ(HO/Nゲージ、工場組み立て部品)の品揃えに絶大な強みを持つ。輸入レイアウト用品、ストラクチャーの取り扱いも豊富である。ショールームフロアでは歴代製品を展示し、運転用レイアウトが設置される。

KATO CUSTOMSHOP
近年、DCCの取り扱いを本格化していることに関連してホビーセンター内に KATO CUSTOMSHOP を併設。パーツやシールの取り付けを有償で受け付けるほか、DCC導入の相談や加工サービスを提供している。



海外展開
米国現地法人KATO USA(KATO U.S.A.,Inc. 在シカゴ)を配置。米国での強いブランド力を生かして、機関車、貨車、関連製品などを幅広く展開し北米向け輸出を強化している。2004年には、アメリカ鉄道黄金時代を代表する旅客列車カリフォルニア・ゼファーを発売した。

欧州市場では、現地メーカーからの受注生産という形態で車輌を発売。2006年にアジア進出第1弾として台湾新幹線車輌の生産を発表した。

自社技術が海外向け製品で先行している事例が多く、数年間の検討ののち日本型へ標準機構として採用されるケースが多い
国内ではホビーセンターのほか、外国形模型取扱店で入手できる


その他
印刷物
KATO鉄道模型総合カタログ (不定期発行)
KATO NEWS (季刊、年4回発行)
KATO鉄道模型レイアウトガイド
ユニトラックレイアウトプラン集(Nゲージ)
広告
雑誌
鉄道模型趣味(TMS)・・1957年〜
とれいん・・創刊号〜
RMモデルス・・創刊号〜
季刊エヌ・・創刊号~
鉄道ファン
交通機関
KATOトレイン


エピソード
初期のリレーラー(Nゲージ)は、1963年頃「ソニー・マイクロトレーン」の名で小形鉄道模型を試作したSONYの金型を企画の中止後に買い取って利用した製品である。


関連項目
鉄道模型
日本の鉄道模型メーカーの一覧

ジオラマ(ディオラマ)



ジオラマ(ディオラマ)は、展示物とその周辺環境・背景を立体的に表現する方法で、博物館展示方法の一つであり、縮尺模型での作品展示方法の一つでもある。





はじまり
フランス人風景画家ダゲールが画家ダヴィドの弟子シャルル・マリ・プートンと共に、従来のパノラマに代わる新たな投影装置「giorama(造語)」を作ったのが最初である。風景画の中に物を置き、その箱の窓から中を覗くと、照明などの効果により本当に風景が広がっているかのように錯覚させる見せ物として、明治時代に日本で流行した。



博物館展示
1915年 - イギリスのバロック博物館に、ジオラマが初めて博物館の展示装置として登場した。
1932年 - 東京科学博物館でジオラマが初めて博物館展示として登場し、以後、通常の展示装置として用いられるようになった。


縮尺模型展示
情景模型と呼ばれる。軍用車両模型の作品展示に多いが、模型をより効果的に見せる手段として一般的な展示方法である。また、特に小品のジオラマをヴィネットと称する。

鉄道模型では、車両が走行するものをレイアウト、車両を固定したものをジオラマとして区別する。



模型雑誌の表記と混乱
模型誌では、「ジオラマ」「ディオラマ」「ダイオラマ」と、雑誌によって3種類の異なる表記が混在する。「ジオラマ」は語源であるフランス語の giorama、「ディオラマ」が diorama の日本語表記である。「ダイオラマ」は一部雑誌が中心となってdiorama を英語読みとした、日本における最も新しい表記である。

本来、「ジオラマ」は明治時代に入ってきたフランス語源の外来語であり、国語辞書にも掲載された一般的な言葉である。それを知らない世代が模型関係の専門用語と誤解、または「ディ」を「ジ」と日本語風に読みやすく(ビルディングをビルヂングと表記した時代もあったように)したものと勘違いしたため、若干混乱をきたしている。「ダイオラマ」は縮尺模型マニアの集まりで世界的に最も使われる発音であり、日本では一般用語として用いるのは避けるべきであろう。



鉄道における線路(せんろ)



鉄道における線路(せんろ)とは、狭義には鉄道車両が走行する通路である軌道を指す。これにはレール、枕木、道床などが含まれる。広義には鉄道車両が走行するために必要な設備を含めたものを指す。後者には、軌道の他に、盛り土や切り取りなどを施して道床を支える路盤、橋梁やトンネル、信号や標識などの保安設備や各種の通信設備、停車場である駅、電化された鉄道では電力を供給するための架線などの設備が含まれる。

鉄道線路に侵入し列車を妨害した場合、刑法第11章第104条から129条に定める往来妨害罪によって処罰されるとされるが、「侵入」(近道をするためや、踏切や道路がなく線路を辿らないと目的地に到達できないので線路上を歩いた、踏切以外の場所を横切った等)した時点で罪が成立するのか、「列車妨害」に及んだ(当該列車を運行不能にし、ダイヤを乱す)時点で罪が成立するのかは曖昧で、逮捕か厳重注意かの判断は、現状では当該区間の線路を管轄する駅の駅長又は助役に委ねられ、警察によって処罰が下されている。

普通鉄道では、車両を誘導するガイドとして2本のレールを平行に固定して設置する。特殊なものとしては、1本のレールを使用するモノレールや、特殊な誘導用レールをもつ案内軌条式鉄道、空中に渡したワイヤーロープを使用するロープウェー(索道)、急勾配を登坂するため歯型の第3のレールを設置したアプト式軌道などがある。

2本のレールの間隔を軌間(ゲージ:gauge)という。軌間には、標準軌、狭軌、広軌などがあり、日本の鉄道では新幹線・ミニ新幹線および一部の私鉄が標準軌、それ以外で狭軌を採用している。詳細は軌間を参照。

線路の道床を支える路盤の表面を施工基面という。



関連項目
鉄道施設
鉄道工学
停車場#線名
線形
曲線、曲率
円曲線
緩和曲線
カント
スラック
勾配
勾配を表す単位としてパーミルが用いられる。
スイッチバック、ループ線
縦曲線(緩和勾配)
建築限界
車両限界
線路標識
踏切
分岐器 - ポイント
噴泥

庭園鉄道(ていえんてつどう)



庭園鉄道(ていえんてつどう)は、鉄道模型の一種で、庭など屋外で楽しむ鉄道模型のことである。英語ではgarden railroad (railway)などという。そもそもはイギリスの貴族が庭に15インチの鉄道をひいて楽しんだことが始まりといわれる。

人が乗れる乗用鉄道(3.5インチゲージ以上)と人が乗れないGゲージなどに分けることができる。

レール・枕木等に十分な耐候性が必要であり、一般的な乗用鉄道(3.5インチゲージ以上)は鉄やアルミ、ステンレス鋼製を用い、乗用でないGゲージなどでは耐食黄銅やステンレス鋼製を用いる。また、枕木では木やプラスチックを使用することもあるが、その材質も紫外線に対して耐えうることが必要条件である。雨による土ハネや落葉による障害を防ぐため、砕石を敷いてバラストとしたり、コンクリート等で舗装したり、ある程度の高架鉄道にする例が多い。しかし、乗用鉄道では、わざと過酷な環境に敷設して、ちょっとした廃線跡のようにする楽しみ方もある。

乗用鉄道には大型のライブスチーム(蒸気機関車)から小型のバッテリー機関車(自動車用バッテリーを使用)までさまざまな規模が存在し、ほとんどは屋外で楽しむのが一般的であるが、3.5インチゲージや5インチで小型のバッテリー機関車を使用すれば室内でも楽しむことは可能である。ちなみに3.5インチでの標準的な輸送能力は大人1人程度、5インチ以上では使用する機関車に応じた輸送能力を有する。

日本の乗用鉄道の一般的な軌間(ゲージ)は3.5インチ、5インチ、7.5インチなどである。それ以外でも、10インチ、15インチをはじめとしてたくさんのゲージが存在する。 ウォルト・ディズニーは自宅庭園に大規模な7.5インチの庭園鉄道を所有していた。また、作家の森博嗣氏も5インチ、3.5インチ、Gゲージの庭園鉄道を持っていて、それに関する書籍も発行している。

Gゲージではドイツのレーマン社のLGBやアメリカのバックマンなどが有名であり、乗用鉄道ではモデルニクス、小川精機(OS)、技功舎、動輪舎、ニイザキ・モデルエンジニアリングなどが有名である。


列車(れっしゃ、Train)



列車(れっしゃ、Train)とは、鉄道に於いて営業用に運転される鉄道車両ならびに鉄道車両によるサービスのことを指す。一般的には鉄道車両が複数の車両(動力車と客車、または自走車両)を列を成して走ることからこのように称される。





概要
鉄道は、二本のレール(リニアモーターカーやモノレールではおおむね一本であり、新交通システムにはレールのない案内軌条式鉄道も存在するが、目的としては同義である)の上を車両が走行し、その車両に不特定多数の人や物を乗せて運び、それの対価として運賃を徴収することで成立するシステムである。この場合の車両について、供されるサービス面での視点で特定区間を運行する車両の運転単位に着目したものが「列車」であるといえよう。(装置としての)車両そのものに着目する場合は「(鉄道)車両」と称されることが多い。

「列車」の用例:列車のダイヤ、通勤列車、イベント列車
「車両」の用例:車両故障、車両事故、車両火災、車両メーカー
一個単位としての列車は前後の特定の区間に於いて一列車しか走行が出来ない(鉄道信号、閉塞方式の項を参照)こともあり、輸送力を増強するためには連結する車両の数を増やし、一列車あたりの輸送力を増大する手法が取られる(他の交通機関同様、輸送頻度を高めて輸送力を増強する手法もあるが、その場合には信号設備の整備・調整が必要になることがある)。輸送手段の規格を大きく変えることなく、一個単位の輸送力を柔軟に調整する手法は他の交通機関にはあまり見られない手法といえよう。

列車の動力方式による分類としては、列車を牽引する機関車と、機関車により牽引される客車(または貨車)から成る動力集中方式と、自らが駆動する旅客車・貨物車(電車・気動車など)から成る動力分散方式に分けることが出来る。前者は動力方式が異なる区間を走行することの多い長距離列車に多く用いられ、後者は短い区間を走行する列車に多く見られる形態である。



日本における列車
日本においては国土交通省の定める鉄道運転規則で、「停車場外の線路を運転させる目的で組成された車両をいう」とされている。要するに、(車庫内や駅の留置線以外の)普通の営業用の線路上を走行している鉄道車両のことである。車両を列ねていない1両編成であっても「列車」と称し、この場合は特に「単行列車」または「単行」という(本来、単行とは1両で運転することをいう)。

そのほか、動力装置を有していること、減速・停止のためのブレーキ機能を有していること、前照灯・尾灯を有していること、乗務員が乗車していること、運転時刻が(原則として)予め定められていること、などが条件となる。

定期検査中の車両、休車指定を受けた車両、用途廃止(廃車)となった車両など、営業線路上を走ることができない状態に置かれている車両は「列車」とは言わない。

路線によっては、停車駅パターンや車内設備により、特急、急行など複数の列車種別に分類されている。さらに、「のぞみ」、「雷鳥」などの愛称(列車名)の付けられた列車もある。

日本においては、列車を操縦する者のことを、鉄道、軌道に関わらず、運転手ではなく運転士というのが正式な呼称である。



列車の種類
運転の目的による区分の例
旅客列車
荷物列車
貨物列車
回送列車
単行機関車列車
特殊列車
サービス形態による区分の例
通勤列車
特急列車
夜行列車
寝台列車
団体専用列車
運行形態による区分の例
定期列車
臨時列車
運行距離による区分の例
近距離列車
中距離列車
長距離列車


関連項目

鉄道車両
ダイヤグラム
列車種別
列車愛称
列車沿革の一覧

レイアウト (鉄道模型)



レイアウト (鉄道模型)



固定式レイアウトの一例
集合式レイアウトの一例
移動式レイアウトの一例鉄道模型におけるレイアウトとは、模型列車を走行させるための情景の模型を指す。



概要
設置場所や鉄道模型のサイズにより形態は様々であるが、情景とプランに基づいて敷設・固定された線路を持つことがレイアウトの条件とされている。屋内に作られるものと屋外に作られるものに大別される。

屋内に作られるレイアウトはその設置形態や収納方法により「固定式」「移動式」「折りたたみ式」「分割式」など様々な種類があり、中には「組み立て式」のように固定された線路配置は持つものの固定された情景(シーナリー)を基本的に作らないものや、「集合式」のように「モジュール」と呼ばれる、連結することを前提に統一された規格で作られた部分レイアウトをつなげて任意の大きさ、配置のレイアウトを構成することができるものなど原則から外れるような形態のものもある。

屋外に作られるレイアウトは庭園鉄道とも呼ばれ、周囲の風景を借景とする場合も多い。

レイアウトと同種の情景模型として「ジオラマ」があるが、鉄道模型においては車両の走行が出来るものをレイアウト、車両も情景の一部として固定もしくは静置されたものをジオラマと呼び区別している。

以前は愛好家が自分で作るものが主流であったが、最近はKATOの「デスクトップレイアウト」やDDFから販売されている物など、完成品の販売も徐々に増えつつある。 舞浜の天賞堂のオメガセントラル鉄道や碓氷峠鉄道文化むらのレイアウトのように専門の業者の手によりオーダーメイドで製作されるものもある。

使用されるレールでもっとも多いのは道床の無いフレキシブルレールである。フレキシブルレールはコルク道床上に敷設する。しかしNゲージの場合、圧倒的なラインナップや入手性の良さもあり、道床付のレールをベースに敷設する事が多い。ただ市販のカーブはかなりきつい物しか発売されておらす「集合式」などではフレキシブルレールを使いカーブを敷設しているのを多数見かける。

日本では住宅事情により、組み立て式のお座敷レイアウトが主流でもっぱらNゲージや16番が主流であったが、近年は徐々にGゲージや5インチゲージの庭園鉄道も増えつつある。

Nゲージにおいてはブラインド式で供給される安価なストラクチャーが販売される等、近年、小規模ではあるが継続したブームになりつつある。



関連項目
マイクロレイアウト
レンタルレイアウト
趣味悠々 (NHK教育) 2007年2月7日から2007年3月28日まで、『ようこそ!鉄道模型の世界へ レイアウト制作入門』が放送されていた。
原田芳雄 (自宅で鉄道模型のレイアウトをするほどの鉄道マニアである)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。